審判



審判
審判長、主審、副審、線審(2人~6人)が存在します。
設備 審判台、線審席、選手席、スコアボードなど。
用具 ストップウォッチ、試合球x2、筆記用具、トス用コイン、イエローカード、レッドカードなど。


審判長

大会の準備から試合進行、運営に関してスムーズに行う役割を担います。コート内の施設、設備、用具のチェックなども審判長の役割です。
  • ルール、大会規定、審判規定に精通している
  • 大会期間中常駐し、試合の進行に留意する
  • 主審、副審、線審を任命し、交代させる権限を持つ
  • 試合の中止、一時中断、再開を行う権限を持つ
  • 各チームにチームシートを提出させる
  • スコアシートに所定事項を記入し、主審に手渡す
  • 試合開始前、各選手の紹介を行う
  • 競技進行は主審にゆだねる
  • 選手交代のチェックを行う
  • スコアシートを回収し、その内容をチェック、必要事項を記入する


主審・副審

ネットの両サイドをはさんで位置し、試合の運営、および審判を行います。副審は主審のブラインドサイドでの選手の反則を監視します。 主審は選手交代、休憩、タイムアウトを認める権限や、選手への警告、退場させる権限を持ちます。また、試合のスムーズな進行を妨げると判断した場合、観客または関係者を退場させる権限も持ちます。


線審(ラインズマン)

各コートのサイドライン、ベースラインを監視し、ボールのインとアウトの判断を行います。最終的な判断は主審にゆだねられます。主審から求められた場合に「イン」「アウト」の判断を示します。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dotakraw.com/mt-tb.cgi/5

コメントする

ブログ

sepaktaklog

最近のブログ記事

テスト投稿
sepaktaklogブログ上